無料プランのお申し込みはこちらへ >>

読まれるアメブロ記事にするための書き方【4ステップ】

この記事では読まれるアメブロ記事にするための書き方【4ステップ】についてご紹介していきます。

読まれる記事を投稿することによってアクセス数の増加や集客に繋げることが可能になります。具体的な方法としては記事の内容を明確にした上で、読者の役に立つ有益な情報発信を行うことが必要です。その他、詳しい内容などをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1ステップ:アメブロ記事を書く目的を明確化する

読まれるブログを作る事はとても重要です。そもそもブログを作る目的自体は、読んでもらえることが目的であることがほとんどでしょう。これはビジネスや趣味であっても、共通項となるはずです。

アメブロの記事を書く場合、目的を明確化することです。つまり、「何の記事を書いているのか」や「何の情報を得ることができるか」をユーザーに提示することが重要です。

 

例えば、ブログ集客に関するブログを作成しているのであれば、ブログからの集客を行うための方法や施策などを紹介した記事を作成することが大切です。

ここで他の情報を取り入れてしまうと、記事の内容を明確にすることができず、結局何のブログかを読者に提示することが出来ません。テーマを絞って投稿することが読まれるブログとして重要な要素となります。

 

2ステップ:読者に役に立つ記事を作成する

コンテンツが高いブログと言うのは、読者の役に立つものです。言い換えれば、疑問や悩みの解決などを提示すると良いでしょう。

ユーザーが何かを検索するときには疑問や悩みを持って検索をしています。例えば、「お店のPR方法」や「SNSのフォロワーの増やし方」など、悩みを持っている部分を解決するための方法を求めています。

 

その場合にはユーザーが疑問に思っている情報を記事にすることによって、読まれる記事を作成することができます。

有益な情報を提供することができれば、自社サービスの販売などにも繋げることができるようになります。大切なのは無料の部分でも出し惜しみせず、価値ある情報を発信することです。

 

3ステップ:見出しや画像を取り入れる

内容の充実も重要ですが、文字ばかりではなく装飾を行うことも必要です。簡単に言えば、見出しや画像、動画などを貼ることで見やすくするという施策です。

見出しは文章のまとまりを一言で表したもので、アメブロの機能として記事デザインを利用すればHTMLやCSSなど難しいコードを使わなくてもおしゃれなデザイン見出しを利用することが可能です。

 

画像についても、用途ごとに写真を挿入することによって見やすくなります。例えば、文字だけでは伝えることが出来ない部分などはイメージ画像を使ってユーザーに提供することで、より分かりやすい記事になるはずです。

また、文字より画像の方が見られる確率が高い傾向にありますので、文字ばかりの記事ではなく装飾を行ってみることをおすすめします。

 

4ステップ:定期的に記事を投稿する

読まれる記事にするためには定期的な発信が必要になります。更新されていないブログについては読まれない記事になってしまいます。

そのため、ブログ全体のテーマを決めた上で、そのテーマに沿って読者の役に立つ情報を定期的に発信していくことでリピーターやファンが付き、定期的に読まれるブログを作ることが出来ます。

 

ブログ開設当初は記事の書き方やデザイン構成なども分からない部分があると思いますが、回数を重ねるごとに効率的に記事を作成することができるようになっていきます。

また、外注ライターや記事作成サービスなどを利用すると、さらに効率的に記事の作成ができるようになるでしょう。

 

まとめ

読まれるアメブロ記事にするための書き方【4ステップ】についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

記事の内容を明確にした上で、読者に有益な情報を発信することが大切です。また見出しや画像など記事を見やすくする工夫も行い、定期的に記事を投稿していくことで読まれるアメブロ記事を作り出すことが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です